今日はわたしの使っているケース「Spigen iPhoneXS スリム・アーマーCS」をご紹介します。

 

※画像が残念ですが、商品に罪はありません。

このケースを使ったきっかけはと申しますと、

会社の方が使っているのを見てカッコいいなと思ったからです!
あとは定期券を入れることができるケースがほしかったことです!

そんな単純な理由から自腹で購入した(重要)スリム・アーマーCSについて、ちょっと熱ぐるしく語りたいと思います。

どうぞ最後までお付き合いください。

では、はじまりはじまり~

 

まずは基本スペック

 

「Spigen スリム・アーマーCS」は、Spigen公式サイトのほか、家電量販店やロフトさんなどで販売されている「スリム・アーマー」の兄弟分です。

「スリム・アーマー」はというと、Spigenのアイコンといっても過言でない「タフ・アーマー」のスリム版。すっきりとしたフォルムながら、「タフ・アーマー」と同じ二層構造でしっかりとデバイスを保護します。

CSは

Card(カード)
Shunou(収納)
 

※個人的な見解です。「収納」はStorageなので、たぶんそのSです。

iPhoneXS/X対応Spigenケース「スリム・アーマーCS」のスペックです。

・本体は丈夫で柔軟なTPUケース
・内側スパイダーウェブデザインで衝撃吸収
・外側は軽量で丈夫なポリカーボネート(PC)カバー
・液晶側も少しフチを高く設計し、画面が直接接地するのを防ぎます。
・米軍軍事規格(Military Grade)取得

後ろも前もしっかり守ってくれます。

普通に2回ほど落としましたが無傷でした。
(ちなみにガラスはGlas tR SLIMです。HARUKAさんに貼ってもらいました!!!)

 

実際の使用感

 

背面TPUカバーがスライドして、カードが2枚収納可能です。
私は定期券と、うっかりお金引き落とし忘れたときのために千円を三つ折りにして入れています。

実はもう一枚、紛失したときのために名刺を入れておきたいのですが、
3枚入れると、スライドが開きやすくなります。

なので、カードの厚さで2枚以上は推奨しません!

しかし、

…ちょっとごつい。

二重構造とカード収納のため、裸のiPhoneXSの倍ぐらいの厚さになります。
でも丈夫です。ラギッド・アーマーに付け替えてみたところ、ものすごくスリムに感じました。

 

気になる干渉について

 

これは私も気になったので、実際にどんなものかやってみました。

実験の際のわたしのiPhoneXSの状態です。

・「Wallet」アプリにSuicaが登録されていて、使用可能な状態
・スリム・アーマーCSを装着し、背面にPASMO定期を収納

その状態で改札を通れるか試してみました。

(1)液晶側を改札にタッチ

 → Suicaアプリが起動し、PASMO定期は反応せず

(2)背面(PASMO定期が入っている側)を改札にタッチ

 → ピンポーン!(Suica、PASMOともに読み込まれ、エラー)

 

…干渉しました。後ろの方すみませんでした。

電波干渉防止シートの使用をおすすめします。

 

ですが、わたしはそれすらも面倒というものぐさなので、iPhoneに入っているSuicaを無効にしてみました。

iPhone 設定 > WalletとApplePay >交通系ICカード エクスプレスカード > 選択中のSuicaを「なし」に設定

 

なんとこれで、ケースに入ったPASMO定期で改札通過ができました。
しかしながら、iPhoneXS以外の端末では干渉が起こる可能性がありますので、電波干渉防止シートの使用をおすすめします。

ちなみにわたしのiPhoneXSの場合、のSuicaアプリは起動しない(運賃も引き落とされない)ものの、「Wallet」アプリは反応します。
改札通過するたびに、毎回画面にSuicaとインストール済みのクレジットカードが表示されます。ちょっと鬱陶しいのでやっぱりおすすめしません。。

 

デメリット

 

いいとこばかりではございません。 悪いところも含めてお伝えするのがSpigen中の人の義務かと思います。やはり、

…ちょっとごつい。

やはりこれに尽きます。

もともとスリムで本体の厚みに近いシン・フィットにくらべると、やはり本体の厚さの倍ぐらいになります。
iPhone3GSってこのぐらいの厚みだったのかな…(12.6mm?)

スリムでデバイス本来の薄さが楽しみたい方には不向きです。

しかし、手帳型ケースが苦手なわたしからすれば、

(1)カードが収納でき
(2)シンプルで
(3)しっかり守ってくれる

これは大きなメリットになりました。
スマホケースとしてもっとスリムに…そこは今後の製品に期待したいと思います。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

Android端末に今後PASMOアプリが実装されるという発表がありました。
おサイフケータイにも時間がかかったiPhoneなので、まだまだカード収納端末は需要があると思っています。

「Spigen スリム・アーマー CS」は、タフ・アーマーに代表されるSpigenの保護技術が詰まったケースがデバイスをしっかり守ってくれて、さらに便利なカード収納がついたケースです。
手帳型ケース苦手派のみなさん、ぜひいちどお試しください。

キャッシュレス決済も普及して、ますます現金を持ち歩かないようになってきそうな予感です。スマートフォンひとつで日帰り旅行もやろうと思えばできてしまう時代…ということでしょうか。

そんなときに、Spigenのタフなスマホケースがみなさまの傍らにあることを切に願います!
以上、Yahoo店長熊谷がお送りいたしました。

 

iPhone XS ケース / iPhone X ケース スリム・アーマー CS
https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/spigenjapan2009/item/newiphone58-slimarmorcs/