0130top

「曲がっている」「曲がりやすい」と、発売当初から話題となっていた新型のiPad Pro(2018)。Appleも公式に見解を示す事態となりました。内容は「僅かな曲がりがある可能性は認めるものの、本体機能に影響はなく、不具合としては認められない」というもの。

この「曲がり」はモバイル通信の感度を上げるために使われた、アンテナラインの加工方法が原因とされています。Appleからしたら、思わぬ誤算でしょう。

0130_2

しかしもしそうなのだとしたら、「曲がり」がどうしても気になる人は、モバイル通信を行う「Cellularモデル」ではなく、「Wi-Fiモデル」を購入すべきかと!

曲がり具合は「400ミクロン(紙の厚さ4枚未満)」とされており、それを超える場合はAppleが交換対応を行うとのこと。400ミクロンて、どうやって測れば良いのやらですが・・・。

0130_1

また、iPad Pro(2018)は5.9mmという薄さを実現したことで、見た目はより一層洗練されました。しかしここにも思わぬ副作用が。「曲がりやすさ」はこの薄さからきているとか。これは物理的に仕方のない事なのかも。

出典:JerryRigEverything/YouTube

この動画は最初から壊しにいっているので、日常生活での利用とは比較にならないかもしれませんが、随分簡単に曲がってしまっている、というか曲がりを通りこして折れてますが・・・。

「曲がり問題」を一番簡単に解決する方法は一つ。ケースを着けることです。ケースを着ければ、もし仮に紙数枚分曲がっていたとしても気になりませんし、鞄の中などiPad Proが見えない場所で負荷がかかっても、曲がってしまうといったことはありません。

0130_3

そしてケースを着ける理由はもう一つ。落とした時のダメージ回避です。

iPad Pro(2018)はベゼルレス化が行われたため、見た目は良くなりましたが、落とした時の衝撃はディスプレイに直接伝わるようになってしまいました。

実際に行われた落下テストでは、旧型の10.5インチと比較して壊れやすいという結果が出ています。腰の高さレベルからの落下が基本的には「アウト」の様なので、手に持った状態で落下させた場合は、ほぼ確実に壊れます。

出典:EverythingApplePro/YouTube

ちなみに修理代金は74,800 円 (税別)。新しく買うか迷ってしまう料金設定です。iPad Pro(2018)にケースを着けることは、思っている以上に様々なメリットがあります。

美しいiPad Pro(2018)をエレガントに着飾り、ディスプレイをしっかりと守る。

Spigenのケースはコチラ