Spigen+1

Something You Want!

月別: 2019年2月

docomoが中古端末のSIMロック解除を発表!端末は安く購入して美しく使う時代に

総務省が昨年公表したSIMロック解除に関する方針。それに伴い…

続きを読む

総務省が昨年公表したSIMロック解除に関する方針。それに伴い2月20日、docomoがキャリア一番乗りでSIMロックの解除に乗り出します。

blog_0219_00

対象となるのは中古販売されたものや譲り受けた端末。つまり、メルカリやヤフオクで購入したdocomo回線対応のスマートフォンが、SIMロックの解除をすることで、auやSoftbank回線で利用をすることが可能となります。

blog_0219_01

SIMロックの解除方法は、docomoの店頭で行う場合は手数料が3000円かかるのに対し、オンラインでは無料に。お店に出向く手間も考えれば、オンラインで行うのが無難でしょう。

docomo端末のSIMロック解除についてはコチラ

iPhoneに関して言えば、中古端末の相場は新品と比較して大きく下落。旧モデルは定価の半額以下で手に入れることができます。

2019年2月現在の価格
※新品:Apple公式ストア参照
    中古:中古スマホ専門サイトムスビー参照

iPhone 6S  新品:販売なし  
                        中古:10,500円~
iPhone SE  新品:販売なし
                        中古:12,980円~
iPhone 7     新品:54,864円~
                        中古:20,800円~
iPhone 7 Plus  新品:69,984円~
                         中古:31,000円~
iPhone 8     新品:73,224円~
                         中古:44,800円~
iPhone 8 Plus   新品:85,104円~
                         中古:57,800円~

しかし中古端末のデメリットといえば、バッテリーの劣化と傷が多いこと。

バッテリーに関しては、iPhoneは「最大容量」を確認することで劣化具合が分かるので、中古で購入する際には必ず確認しましょう(最大容量80%程度が電池の寿命と言われています。電池が劣化した状態で使い続けると、本体に不具合を起こすきっかけにもなるので注意が必要)。

blog_0219_02

電池は最悪交換すれば良いですが、ボディはさすがに無理です。電車の中などで傷だらけの端末を持ち歩いている人をたくさん見かけますが、折角お洒落なファッションに身を包んでいても、あれでは台無しに。背面は特に人目につきやすく、傷のついた状態ではイメージが悪いです。

blog_0219_03

傷だらけの背面を、簡単に美しくよみがえらせる方法はただ一つ。それはケースを着けることです。気に入ったケースを着けることは、自分の好きな洋服に着替えることと似ています。

blog_0219_04

blog_0219_05

blog_0219_06
lamanon0219
blog_0219_07

傷だらけの中古端末を美しく着飾るSpigenのケースはコチラ

公式ストア
https://www.spigen.co.jp/

Amazonストア
https://amzn.to/2KZOy74

docomoが中古端末のSIMロック解除を発表!端末は安く購入して美しく使う時代に へのコメントはまだありません

ダークモードはiPhoneに優しい神設定。連続使用時間が驚くほど伸びる!

最近各社が開発を進めている、黒を基調とした「ダークモード」。…

続きを読む

0214top

最近各社が開発を進めている、黒を基調とした「ダークモード」。AppleもiOS13ではメイン機能の一つとして、ダークモードを取り入れるとしています。

なぜここまでダークモードが支持されているのかというと、それはディスプレイの仕様変更が大きく起因しています。元々ディスプレイには液晶(LCD)が多く使われてきました。LCDはバックライトで画面全体を照らし、液晶シャッターを通して必要な色を表現しています。iPhoneでいえば、iPhone 8はLCDを採用。廉価モデルとされているiPhone XRもLCDです。

01_0214

最近主流となりつつある有機EL(OLED)は、バックライトの光に頼らず、それぞれのピクセルが独自に発光しています。例えば黒を表現する場合にはピクセルを消灯させます。

02_0214

消灯させることにより純粋な黒を映し出すことが出来、ハイコントラストでメリハリのある描写を実現します。有機ELはiPhone Xではじめて採用され、その後に発売されたiPhone XS、iPhone XS Maxといったメインモデルは有機ELです。

03_0214

有機ELを採用するメリットは、色表現が豊かになるということだけではありません。必要なピクセルのみを発光させることは、消費電力の大幅な削減につながります。そう、ダークモードの開発が進んだ理由は、有機ELを採用するディスプレイが増えたからなのです。

04_0214

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Maxの3モデルに関しては、前述した通り有機ELディスプレイを採用。よって、ダークモードを使うことで、電池の持ちは大幅に改善されます。

05_0214

実際に、3時間でバッテリーが60%改善されたことも実証されています。

情報元:AppleInsider

iOS 13から本格導入される予定のダークモードですが、現状でも設定することは可能です。設定方法は非常に簡単。

1.設定アプリの中にある一般を選択

06_0214

2.一般からアクセシビリティを選択

07_0214

3.アクセシビリティからディスプレイ調整を選択

08_0214

4.ディスプレイ調整から反転(スマート)をONにする。
※反転(クラシック)は色崩れが多発する可能性あり

09_0214

10_0214

11_0214

最も、iOS 12におけるダークモードは、色を反転させたものをやや無理やりダークモードと呼んでいるに過ぎず、色合いがおかしく表示されてしまう箇所もあります。iOS 13ではそういったことも無くなるはずなので、楽しみに待ちましょう!

ダークモードをクールに着飾るSpigenのケースはこちら

【公式ストア】
iPhone X→https://bit.ly/2BKIXvN
iPhone XS→https://bit.ly/2MTE0TQ
iPhone XS Max→https://bit.ly/2O4TsRE

【Amazonストア】
iPhone X→https://amzn.to/2S0ZVel
iPhone XS→https://amzn.to/2SzJoDp
iPhone XS Max→https://amzn.to/2V45dbb

 
ダークモードはiPhoneに優しい神設定。連続使用時間が驚くほど伸びる! へのコメントはまだありません

iPad Pro(2018)は「曲がる?」「壊れやすい?」ケースが必須な理由とは

「曲がっている」「曲がりやすい」と、発売当初から話題となって…

続きを読む

0130top

「曲がっている」「曲がりやすい」と、発売当初から話題となっていた新型のiPad Pro(2018)。Appleも公式に見解を示す事態となりました。内容は「僅かな曲がりがある可能性は認めるものの、本体機能に影響はなく、不具合としては認められない」というもの。

この「曲がり」はモバイル通信の感度を上げるために使われた、アンテナラインの加工方法が原因とされています。Appleからしたら、思わぬ誤算でしょう。

0130_2

しかしもしそうなのだとしたら、「曲がり」がどうしても気になる人は、モバイル通信を行う「Cellularモデル」ではなく、「Wi-Fiモデル」を購入すべきかと!

曲がり具合は「400ミクロン(紙の厚さ4枚未満)」とされており、それを超える場合はAppleが交換対応を行うとのこと。400ミクロンて、どうやって測れば良いのやらですが・・・。

0130_1

また、iPad Pro(2018)は5.9mmという薄さを実現したことで、見た目はより一層洗練されました。しかしここにも思わぬ副作用が。「曲がりやすさ」はこの薄さからきているとか。これは物理的に仕方のない事なのかも。

出典:JerryRigEverything/YouTube

この動画は最初から壊しにいっているので、日常生活での利用とは比較にならないかもしれませんが、随分簡単に曲がってしまっている、というか曲がりを通りこして折れてますが・・・。

「曲がり問題」を一番簡単に解決する方法は一つ。ケースを着けることです。ケースを着ければ、もし仮に紙数枚分曲がっていたとしても気になりませんし、鞄の中などiPad Proが見えない場所で負荷がかかっても、曲がってしまうといったことはありません。

0130_3

そしてケースを着ける理由はもう一つ。落とした時のダメージ回避です。

iPad Pro(2018)はベゼルレス化が行われたため、見た目は良くなりましたが、落とした時の衝撃はディスプレイに直接伝わるようになってしまいました。

実際に行われた落下テストでは、旧型の10.5インチと比較して壊れやすいという結果が出ています。腰の高さレベルからの落下が基本的には「アウト」の様なので、手に持った状態で落下させた場合は、ほぼ確実に壊れます。

出典:EverythingApplePro/YouTube

ちなみに修理代金は74,800 円 (税別)。新しく買うか迷ってしまう料金設定です。iPad Pro(2018)にケースを着けることは、思っている以上に様々なメリットがあります。

美しいiPad Pro(2018)をエレガントに着飾り、ディスプレイをしっかりと守る。

Spigenのケースはコチラ

iPad Pro(2018)は「曲がる?」「壊れやすい?」ケースが必須な理由とは へのコメントはまだありません

Type on the field below and hit Enter/Return to search