先日、北海道へ行った時のことです。
ちょうど初雪が降って間もない頃だったので路面がツルッツル、急きょ移動にタクシーを利用しました。
目的地のスープカレー屋さんに到着し、並んだそのときに事件は発覚しました。
同行している友達のiPhoneが紛失していたのです。記憶をたどるとどうやら今乗ってきたタクシーの車内が有力でした。

こういう時に限ってレシートをもらっておらず、タクシー会社の名前さえも分からない。。。

たったひとつのたよりは、運転手さんの名前

山田

下の名前は思い出せません。。

そこで、札幌のタクシー会社へ片っ端から電話してみることにしました。

タクシー協会の番号にダメ元でお尋ねすると「山田は4名おりますが…」

私「…….」

 
スープカレー屋さんは長蛇の列。
私たちの前に並んでいた方が、我々のドタバタに気づき、「タクシーのアプリを使ってみてはいかがですか?」と、心配をして声をかけてきてくれました。(見知らぬ札幌の人よありがとう)
色々すったもんだした挙句、最終的に友人のiPhoneをGPSで探してみることに! 

 

|iPhoneを探す機能を使う前に

デスクTOP
この機能を使うために必要なことがいくつかあります。

・Apple ID メールアドレスとパスワードの入力(必須)
・「iPhoneを探す」機能をオンにする

手順は以下の通りです
<設定>→<パスワードとアカウント>→<iCloud>→<iPhoneを探す>→オンでOK

設定アイコンを押します↓

設定アイコン

パスワードとアカウントをclickします↓

ip4

 

 iCloudをクリックします↓

ip5

 

   iPhoneを探すをclickします↓

ここを「オン」にしておくだけで、いざというときの救いになります。オフの方は、ぜひこの機会に「オン」にしてください✨


|いざ出陣!iPhoneを探す機能を使ってみる

TOP画面はこのようになっています。↓
TOP画面
こちらは必須なので、普段からIDとパスワードだけはメモをしておくか、記憶しておいてください。

サインインすると地図が表示されます↓
サインイン2
ここで紛失したiPhoneの位置を確認することができます。

↓下部の緑文字「アクション」を押すと…

アクション

↓3つの選択肢が出てきます。

アクション

「iPhoneを探す機能」でやってみたこと
筆者は以下の項目を実施しました。
(※スクショしたものは実際の場所と違いますのでご了承ください。)

・GPSでiPhoneの現在地を確認をした
・サウンド再生をして、気づいてもらえるように音を鳴らした(サウンド再生)
・iPhoneを遠隔でロックをし、画面にメッセージと連絡先を表示した(紛失モード)

シンプルですが、気づいてもらうためにはとても大切な動作です。

注:一番右のごみ箱マークは 遠隔で「iPhoneを消去」することもできます。こちらはおそろしくて試していません((((;゚Д゚))))  iPhoneすべての設定やデータが消去されてしまい、iPhoneを探す機能も使えなくなりますので、注意が必要です。

 

|紛失モード

「紛失モード」を押すと、紛失モードをオンにしますか?の確認画面が表示されます。
ここをオンにすることで、紛失したiPhoneを遠隔でロックをすることができ、連絡先やメッセージを表示することができます。
見つけてくれた人が良い人ばかりとは限りません。ロックするのは最優先と考えて、即オンにしました。
モード1

オンにすると続いて入力画面になります。任意ですが、連絡がほしかったのでここに筆者の携帯番号を入れました。
モード2

↓次の画面では「表示したいメッセージ」を入力することができます。電話してきてくれることを願い、入力しました。

unnamed-(1)

[紛失モードを使用した結果]

GPSが分刻みで市内(中心街)を転々と移動していたため、落とした場所がタクシーであることが確定できました。

それからおよそ1時間後、タクシーに乗車した方から連絡があり、受け渡し場所をその方の宿泊先のフロントにし、無事受け取ることができました(泣)奇跡的にiPhoneを見つけ出すことができたのです‼

スープカレーの注文時は頭が真っ白でしたが、食べている最中に連絡が来たので、やっとスープカレーの味がしてきました。
先ほど声をかけてくれた方に「無事に見つかりました!」とご報告。「おお~!良かったですね!」とまるで自分のことのように喜んでくれ、、故郷の人のあったかみをしみじみと感じる良い機会となりました。

実際の図
↑実際のときの様子です。(貴重なスクショ)赤い線は分刻みで記されたiPhoneの足取りです。

拾ってくださった方は観光で来ているようで、〇〇へ行ってからホテルへ戻る、とおっしゃっていましたが、確かにGPSはその通りに指しており、距離が縮まるごとにドキドキしました。

[あとで試してみたこと]
実際に失くしたiPhoneがどのようになっているのか再現してみました。

↓紛失モードで設定した連絡先(電話番号)とメッセージが表示されています。
画面NEW

音はシンプルな高めの音で、2分ほど鳴り続けます。

 

今回初めて「iPhoneを探す」機能を使ってみました。
この機能は本来あまり頻繁に使いたくないものですし、条件がいくつか揃わなければ困難ですが、万が一、何か緊急事態が起きたときに、少しでもお役に立てれば…と、自分が実践したことを忘れないうちに記しておくことにしました。
年末年始はとくに飲み会や外出等が増えますので、くれぐれもお気を付けください。

最後まで読んでいただきありがとうございます✨