皆様こんにちは。シュピゲンジャパンの松下といいます。

Spigenではグローバルで販売されている端末(スマートフォン)のケースを中心としたアクセサリーを販売しています。このブログでは特におすすめしたいケース、アクセサリーを皆様にご紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

今回はAirPodsのアクセサリーをご紹介します。

AppleからiPhone 7と同タイミングで発表されたAirPods。とにかく購入するのに困難だった(6週間ほど待たなくてはならなかった)ので購入をあきらめていたのですが、最近になって購入しやすくなったので、購入するかしないか1週間くらいじっくり考えた末に思い切って購入してみました。

Bluetoothを利用したイヤホンのワイヤレス化(レシーバーにイヤホンを取り付けるタイプ)については、以前から(いわゆるガラケーしかなかった時から)使用していたので便利さなどは知っていたのですが、AirPodsのようなトゥルーワイヤレスイヤホン(左右独立型)を使用するのは初めてだったので、その解放感ときたら最高ですね。音質などについてはWeb上にたくさん記事が上がっているのでそちらにお任せさせていただきますね。

ではでは、さっそくAirPods用の製品を紹介していきましょう!

■AirPods用ストラップ < AirPods Strap >

発表したときに、よく“きしめん”と言われていたこの製品、確かに見た目はそれっぽいですが、なかなかいい仕事するんですよね。私自身、AirPodsが耳から落ちることは今のところないですが、AirPodsを耳に入れたままランニングをしているとたまに心配になるんですよね。そんな時この製品をAirPodsに装着しておけば、万が一、片方が耳から外れたとしても、もう片方のAirPodsと一つ(1本⁈)につながっているので、落とした後に「もう片方どこいった??」とか「俺のAirPodsにキズがぁぁぁ!!」を防ぐことができます。


素材はとても柔らかいシリコンを使用しているので、首回りも気にならない(少なくともわたしは)ですし、使用しないときはAirPodsのケースに巻き付けておくことができるので収納にも困りません。

■AirPods用イヤーフック < AirPods Earhooks>

この製品、本当に便利です。簡単に説明してしまうとAirPodsの落下防止用のアクセサリーなのですが、とにかく安心感が違いますし、AirPods自体が耳のちょうどいいところに素直に収まってくれている感じがします。Earhooks自体がとても柔らかいシリコン素材を使用しているので長時間使用しても耳が痛くなりにくいですね。

EarhooksをAirPodsに装着するのに当然慣れは必要ですが、コツをつかんでしまえばすごく簡単に装着することができます。EarhooksをAirPodsに装着し、AirPods本体を耳に収めた後にフック部分を耳の内側のくぼんだ部分に収めます。すると不思議なくらいAirPodsが安定するんです。EarhooksをAirPodsに装着すると少し大きくなるのですが、これがまた耳の中でいい感じに隙間を埋めてくれるので、AirPodsを購入したけど収まりが悪くて普段使い出来ないという方は是非一度このEarhooksを試してもらいたいと思います。


お出かけや通勤通学時にEarhooksをAirPodsに装着し使用すると、左右独立型のワイヤレスイヤホンの使用感そのままで、例えば満員電車で不意に外れてなくなる可能性がとても低くなると思いますし、何よりも耳に入れた時の安定感がすごい!ぜひAirPodsを購入された方に使用していただきたいですね。

以上、シュピゲンで販売しているAirPodsの製品を簡単にご紹介させていただきました。とにかく体を動かすスポーツをしながら音楽を楽しみたい場合、2つの製品を同時に使用していただければ最強の安定感と安心感を得ることができます。私も通勤中にはEarhooksを使用し、ランニングをするときはAirPods Strapを使用しています。

また、AirPods用の充電スタンド< AirPods Stand >を使用していただければ、いつもの場所でAirPodsのケースが自立した状態で充電できますし、紛失も防げます。

今回ご紹介した< AirPods Strap >< AirPods Earhooks >、また< AirPods Stand >で、快適なAirPodsライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ではまた次回!!(があれば。。。。)

シュピゲンジャパン 松下