皆さん!「Apple Special Event」ご覧になりましたか?

私は毎年、デイリーのタスクと化した”Youtubeをグルグル”をしながら、時折「リアルタイム更新」を行っている媒体をチラ見し、新型iPhoneの名前を確認してから寝ます。

英語は苦手なので詳細は翌朝の通勤時間にITmediaさんなどでチェック!

だったのですが、今年はなんとオフィスでリアルタイムで見ながら過ごしました!(AM:1:56)

Apple Special Event シーン1

リアルタイム更新をしている方々の苦労を身をもって体感したのです。

いつもありがとうございます!!

さて、今年は開催場所が変更され、Appleの新社屋イベントホール「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」となりましたね。

この建物には様々な驚きの仕掛けが設けられているそうな…行ってみたい。

それにしても、自分の名前が付いた建物があるって一体どんな気分なのでしょうか。。

※Apple Special Eventとは:毎年恒例のアップルの新製品お披露目イベント

少々脱線していしまいました。本題に入ります!

早速ですが、何に驚いたかといいますと…

なんと!放送中に「Spigenのロゴ」が画面に登場したのです!

反射的にスクショを撮っていた自分にも驚きましたがw

これがその時の写真です!

Apple Special Event シーン2

まさか自社のロゴが世界同時中継の生放送中に、しかもそれがAppleのイベントとは感動です(泣)

アメリカ本社のTwitterでも同様の写真が投稿されていました。

それでは、何故Spigenのロゴが出てきたのか?という疑問にお答えします。

それは、今回の新型「iPhone 8 / 8 Plus・iPhone X」が【ワイヤレス充電対応】になったことと関係があります。

つまり、この写真が何を表しているかというと、新型iPhoneはApple純正のワイヤレス充電器以外でも以下のメーカーの製品であれば、問題なく充電ができますよ。

..との「お墨付き」をいただいた…と思いたいのはやまやまですが、正確にはワイヤレス給電の国際標準規格である「Qi(チー)」方式を導入している”代表的な企業の一つとして”紹介された。というのが実際のところになります。

ちなみに「Qi」の名称の由来は、中国の「気」からきているとか。(明日のトリビアに)

とにもかくにもせっかくですので、Spigenで取り扱ってるワイヤレスチャージャーを紹介します。

ワイヤレスチャージャーの早見表

 

 

どの商品にもそれぞれ特徴があります。

1つ言えることは「安心して下さい!充電できますよ!」ということでしょうか。

気になる商品は見つかりましたか?

是非一度ご覧になってみて下さい♪