夏はイベントが盛りだくさん。花火大会や夏祭りなどには浴衣を着ていきたいですね。
もともと浴衣は今でいう、お風呂上りに着るパジャマや室内着のようなものでした。しかし時代とともに変化して、部屋着から定番となるお出かけ浴衣になりました。外国人や若い世代にも人気で、最近ではインスタグラムでも浴衣や着物でお出掛けする写真が多数投稿されています。


【意外に合う! Spigenスマホケースと浴衣のコーディネート】

今年も花火大会や盆踊が各地で開催されています。夏も終盤に近付いてきましたが、今回は栃木県足利市にある「うさぎや」さんにお願いをして、Spigenのスマホケースに合う素敵な浴衣を選んでいただきました。
浴衣や小物のコーディネートでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【絞りの浴衣×クリスタルシャイン】

一昨年あたりから人気上昇中の絞りの浴衣。ボコボコとした絞りの柄はレースっぽく見えるので、透け感のあるものはだいたい合います、と店主の大竹さん。レース柄との相性が良く、まとまりもグッと上がります。


↑浴衣と帯の組み合わせ、風を感じられそうな涼やかさがあります。


↑浴衣と帯が柄×柄なのに重い感じがしない絶妙なバランス。グリーン×ピンクで、かわいらしさと華やかさが引き立ちます。爽やかな帯でより若々しく軽やかな印象に。中央のクローバーはアンティークの髪飾り、とてもお洒落です!

《リキッドクリスタルシャイン》詳細はこちら

 

【レトロポップな浴衣×スタイルアーマー】

こんなに色がピッタリ合うなんて!!! 浴衣柄とスマホケースのカラーが完全に一致!


↑賑やかになりすぎずセット品のような一体感。帯留めなどは使用せずに帯の二色使いですっきりと。

《スタイルアーマー》詳細はこちら

 


↑さりげなくキラキラと輝くリキッドクリスタルグリッター。ネイルとの組み合わせにもバッチリです。

《リキッドクリスタルグリッター》詳細はこちら

 

【Galaxy S8/S8+ カラーが豊富なネオハイブリッド】

今年6月に発売されたGalaxy S8/S8+のケース「ネオハイブリッド」は男女どちらにも人気のスマホケース。Spigenの代表商品として長く愛されているケースです。バリエーションは8種類ありますが、今回はバイオレット(上)とブルーコーラル(下)をピックアップしました。


↑ケースと帯締めが補色の組み合わせで、程よいアクセントになっています。


↑ブルーコーラルは背面が黒なので、シックにきまります。

《ネオハイブリッド※GalaxyS8/S8+》詳細はこちら

 

【人気上昇中スリムアーマー】

昨年秋に出たiPhone 7/7Plus時に新しく加わったカラー、スリムアーマーの「バイオレット」
最近では人気モデルさんがこちらのカラーのケースをインスタグラムにUPしたこともあり、じわじわと注目を集めています。


↑水玉のようなぶどう柄がとてもキュート。ストライプの帯で全体をスタイリッシュに。

《スリムアーマー※iPhone 7/7 Plus》詳細はこちら

 

【浴衣と帯の組み合わせなどのコツは…?】

Spigen社員:「浴衣と帯の組み合わせはどうやって決めているんですか?」
大竹さん:「ええっと…見た目!」
全員:(笑)
大竹さん:「(帯について)半幅帯は1年中使えるので普段着にはとても便利です。それでも浴衣や夏の着物に厚ぼったいものは見た目が暑苦しくなるので、さっぱりした色や素材を合わせる方がいいとおもいます。ただ、あくまで普段着のおしゃれは個人の自由です。浴衣も帯も、自分がこれ!とおもう、目に留まったもので大抵は大丈夫。」

自分の好みのものは、どこかしら自分と共通点があるので、自然と似合うのだそうです。
また、同じ浴衣でも帯の色や素材などの組み合わせによってイメージが変わるので、大人っぽく着たい・可愛く着たい、そのどちらも叶います。

 

【浴衣シーズンでも桜はOK】

―桜は春のイメージですが、夏でも大丈夫なのでしょうか。

大竹さん:「大丈夫です。『さくら』は日本の象徴の花で、何よりみんなが大好きなんですね。着物のデザインでは晴れ着から普段着と所々見られますし、浴衣にもよくモチーフとして使われています。女性らしく華やかな桜柄は、これからの季節のコスモスや紅葉などに合わせてもOK。お茶の道具でも春秋柄と言って、紅葉と桜が一緒にデザインされたりするんですよ。」

Spigenでは日本限定のスタイルリングと、桜の花びらをモチーフにしたケース(iPhone 7/6sのみ)があります。こちらもぜひチェックしてみてください。

《スタイルリングブロッサム(日本限定)&リキッドクリスタル シャインブロッサム》
  詳細はこちら

 

【男性浴衣×Spigenスマホケースで男気アップ】

近年では若者男性の浴衣姿も随分多く見かけるようになりました。写真は左からネオハイブリッド、Amazonストアで最も人気を誇るラギッドアーマー、シンフィットです。手元のアクセサリーと浴衣をコーディネートしている男性はかなりポイントが高そうですね。


↑左)ブルーコーラルはGalaxy S8/S8+のみ

《男気アップ3種ケース》詳細はこちら

 

【コーディネートは奥深く、そして果てしなく】

アンティーク着物や浴衣との出会いは一期一会。巡り巡って今の自分が袖を通し風を通す。
帯と着物はもちろん、下駄の鼻緒との組み合わせ、日傘、バッグ、その他小物類など、ちょっとした工夫や色合わせで楽しさが広がります。日頃携帯しているスマホケースをコーディネートに加えて、粋なおしゃれを楽しんでみては。まさに時を超えたコーディネート!
この機会にぜひ、チャレンジしてみてくださいね。


↑アンティーク小物(髪飾りと帯留め)新品にはない風合い。手に取ってうっとり眺めてしまうほど。

 

まだまだご紹介したい組み合わせがたくさんあるのですが、今回はここまで。撮影にご協力いただいた「うさぎや」さん お忙しいところ、本当にありがとうございました!

「うさぎや」は大正~昭和初期の銘仙着物・アンティーク着物や古布などを取り揃えたお店です。初めての着物や浴衣が欲しい方、スタッフさんが親身に相談を受けてくれますよ。
また、足利市の取り組みで銘仙着物や浴衣のレンタルサービスもあり、着物を着て街並みをお散歩することもできるので、インスタ映えする素敵な写真を撮影することも可能です。
都内からでも特急に乗れば1時間ちょっと。お散歩がてら足を運んでみてはいかがでしょうか。詳しくは下記までお問合せください。


二階には喫茶室、リメイク工房も。銘仙・アンティーク着物のお店「うさぎや」

【お問合せ先】 

FACEBOOK▶ うさぎや キモノとアソブ
インスタグラム▶  @ashikagausagiya
ブログ▶ うさぎや日記

レンタル(まち歩き事務局)